すいーとわたちゃん

おいしいものを思いっきりほおばる!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 徒然
CATEGORY ≫ 徒然
       次ページ ≫

160710_01.jpg
  2016年5月20日
  愛犬の群一郎が
  永眠いたしました

  繊維肉腫切除
  手術から1年半後に、
  末期癌の診断を
  受けました

  闘病の甲斐もなく
  あっという間でした



  たまーーに、こちらのブログにも登場していたので、ご報告
  群一郎、ありがとうね
  またきっといつか、会えるよね

  まだまだ凹んでます
  ほんとはねーーー、パリには行かないつもりだったの
  この子をおいて、旅行なんて・・・
  と思っていたけれど、やっぱり行くね
スポンサーサイト

韓国ソウル、行ったとこ・食ったもの


はい、一泊二日のソウル弾丸ツアー
それなりに、楽しんで食ってきました

懇親会は韓国家庭料理の店・・・なんでしょうか
でもね、こういうガイドブックに載っていないお店は、安くて美味しいのです
写真のほかに、ニラチジミやいろんなのが出たけど、
写真の前に食べてしまいました
辛いキムチはもちろん、水キムチも美味しかった
鍋は「鳥一羽」という物で、
「え?、私のムネ肉なのに、なんでモモ肉っぽいの食べてんの?」
「へっ?、それ手羽元やん、私の手羽先(身が少ない)やんーー」
となって、聞いてみたら、ムネ・モモ・手羽関係
鳥さん丸ごと全部の部位が入ってるんだって
最後に麺を入れたら、もーーー、食いまくり

最後におこわが出て、ぉぉーーー米じゃ米じゃーー
ビールもいただいて大満足です

160424_02.jpg

160424_01.jpg

160424_03.jpg  ↑ご機嫌な、皆さん




 
  これーーー、
  ポンテギです
  サナギの缶詰

  大先生が
  持ってらしたのですが・・・
  グロイ



160424_06.jpg

  次の日、帰りの飛行機まで
  しばしの観光

  前回は行かなかった
  「光化門」に行きました
  思い出せば、昨年は
  佛教のお祭りで
  光化門はもちろん、
  その前の道路が
  大会場になっていて、
  人でごった返してました

  今年はゆるりと観光



160424_04.jpg

「光化門(クァンファムン)」は、景福宮(キョンボックン)の正門
景福宮は、李朝時代の正宮だそうです
中は、広かったです
下の写真、これは、当時の宴会場(らしいです)
この2階部分で宴会といいますか、中国のえらいさんとかを招いて、
おもてなしをしたんでしょうね
会場が2階・・・しかも広い・・・
宴会に参加ではなく、接待人の立場にたってしまう私としては、
厨房や料理その他の上げ下ろしは大変だったろうなーーー
と思いました、私なら たぶん 絶対きれてるわ
昔の人は、偉いのね

160424_12.jpg


景福宮 守門将交代儀式というのを見ることができました
朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式だそうです
色とりどりで、華やかです
昔の韓国は、こんなに色はなかったはずなんだけど・・・
これも観光です

160424_07.jpg

160424_13.jpg



その後、南大門市場へ
お買い物ですよ、お・か・も・の・!
市場は楽しい~

160424_08.jpg

市場入り口付近での、フルーツ屋台
カットフルーツもあったけれど、このカップに入ったフルーツを選ぶと、
ジュースにしてくれるのです
(根が貧乏人の) 私は、メロンでお願いしましたよ
冷たくて、100%果汁でおいしかった

160424_10.jpg

お昼の、真っ赤なレーメン
これ、大好物です、旨かったよ

160424_09.jpg

160424_11.jpg
  楽しく遊んだあと、
  空港へ

  帰らなくっちゃ
  お世話になりました
  ありがとうございました

  光化門玉手箱
  3回メ、
  開催決定
だそうですよ
  
  トマンナジャ
  アンニョン


160424_05.jpg

今年もよろしくお願いします

申年ですね
今年もよろしくお願いします

160101_01.jpg

皆様にとって、昨年はどんな一年だったのでしょう?
いいことありましたか?
いいこともそうでないことも、その次やってくる事柄の
布石のようなものだと思って、何事も無駄にならないよう
きちんと消化していけたらいいな・・・と思っています

新しく始まる年も、素敵な時間が流れますように!

ソウル徒然 その2

ソウル光化門玉手箱の様子は こちら

その2は「食べ物」

まずはソウル行きアシアナ空機内食
レタス・ハム・チーズ・ポテトサラダのボリューム満点サンドイッチ
こんなにガッツリ出るとは予想外、もちろん完食

150515_01.jpg


到着後、明洞(ミョンドン)で食べたビビンバ
換金は明洞がお得!と聞いて、光化門からテクテク歩きました
いやん、暑かったのでビールも飲んじゃった
全部美味しかった、お腹すいてたからねーーー

150515_02.jpg

食いしん坊ゆえ、着たら即・まぜる・食べるなワタクシ
ガツガツ混ぜた写真はワタクシのです
混ぜる前のきれいなのは、はるなさんの

150515_03.jpg

150515_04.jpg


その後、ゲストハウスの皆さんと合流後に食べたビビン麺
真っ赤な冷麺、だいすきなのーーー
もちろん写真はまだ混ぜていない人のです
私のは、切って混ぜて既にぐちゃぐちゃ

150515_08.jpg

これは餃子ね?
おいしかったです

150515_07.jpg



翌16日、玉手箱中の差し入れにいただいたおやつとアイスコーヒー
(半分食べて写真とってないのに気がついて・・・食べかけでごめんなさい)

150515_05.jpg

これも玉手箱中に食べたキンパ
実はこれ、ゲストハウスの朝ごはん
朝、食べる前のきれいなのは、もちろん撮って無いです

150515_06.jpg

玉手箱終了打ち上げ後に出かけた後
帰り際によったスタバの珈琲
気がつけば・・・ケーキも珈琲も食べ散らかした跡でしたわ

150515_14.jpg



翌18日仁寺洞(インサドン)のカフェ
ナツメ茶(たぶん・そうだったと思う)を頼んだら、お菓子が付いてきた
おいしーー

150515_13.jpg

同じく、仁寺洞での昼食
ビビン麺の店のつもりではいって注文したら、
見た目も味もビビン麺なんだけど、麺が韓国冷麺ではなく、
やわらかくて食べやすかった・・・
3口ほどすすってから、これは「そうめん」だと気がつきました
韓国のそうめんも食べてみたかったの
食べることができて、うれしかったよ、お店のおじちゃん、ありがとう

150515_11.jpg

これは、辛くないそうめん@4歳児仕様?

150515_12.jpg

海苔巻きと蛸のキムチ
蛸キムチ、いけたわーーー
それに海苔巻き
ご飯に韓国海苔!なの
シンプルすぎて、おいしくて、これよかったわ

150515_10.jpg


最後に、関空への帰りの機内食は、キムチご飯(たぶんね)
えーーと、写真はとってません
だって、来たら即食べちゃったし、みんなと席が離れてたから、
ちょっと撮らせてね・・・はできませんでしたの


150515_15.jpg
  ということで、
  韓国ソウルの旅は
  周りの皆様のおかげで
  無事帰ってこられました



 周りの皆様というか、はるなさんのおかげで、
 迷子になることも無く、目的も達成できて、
 食べ物の(綺麗な)写真もとれ、
 楽しく過ごしました
 (図らずも)映画館めぐりをしたし、お土産も買えました
 お世話にになりました
 またご一緒しましょう
  え?、いや?、そんなの・いやん・いやん

ソウル徒然 その1

ソウル光化門玉手箱の様子は こちら
あんまり撮ってないけど、せっかくなのでブラブラ歩きの写真などUPします

150517_01.jpg

 観光らしいことは
 してないんですよ

 ブラブラ歩きをしてました
 いえ、ガンガン歩きました

 何故?
 はい、地下鉄やバスに
  乗れないから・・・
 ハングルでしょ
 わからないでしょ
 どこ着くか
  かわからないでしょ
 帰れなくなるでしょ
 なので、歩きですよ



心強ぉい同行者がいてくれました
はい、ほんとにお世話になりました
ほぼ初対面なのに、私の行きたいところに
歩きも付き合ってくださって
ほんとに、ありがとう



150517_02.jpg

ご自分の行きたいところに
行けなかったんじゃないのかな・・・
いや・絶対、行けてないよなぁ・・・
すみませんでした
ありがとうね

150517_03.jpg

どこに行きたいか・・・というわけも無く
ちゅーか、ブラブラ歩いて、「異国・韓国」を感じることが
出来れば満足・・・なのでした

ま、一応目的らしきものは合ったのですがね

150517_04.jpg

下の画像は、夜の光化門
この日は大規模な佛教のパレードがあったらしく
ババごみ・・・
門の前は観光バスでごった返しておりました

150517_05.jpg

で、これは、約100年前の光化門
3日目の午後に立ち寄ったcafeに飾ってありました
このcafeの珈琲、美味しかったです
  (あ・写真とってないや)

150517_06.jpg

3日目、この日は、4歳児と、その父と、
3日間私とほぼ同行してくださった・はるなさん

150517_08.jpg


で、空港です
れれ、あんまり写真が無いのねーーー
ふふ、お見せできるよーなのがないのですねーーー

150517_09.jpg


お疲れの親子が一組・・・

150517_11.jpg

搭乗した頃は明るかったけれど、
関空近くは夕暮れ
お疲れ様でした
お世話になりました

150517_10.jpg


甘麹


まず最初にお知らせです
4月19日(日)の「cafe玉手箱 in cafeDhalia」は延期となりました
FBにもUPしてますが、こちらでも連絡です

予定してくださっていた皆様、本当に申し訳ありません
残念ですが、メンバーの体調不良で仕方なく決めました
次回の日程が決まり次第、連絡しますのでよろしくお願いします
今は、体調万全を整えつつ、次に向けて作戦を練り練り中
といったところです

150415_01.jpg

思い立って、甘麹のチーズケーキを焼きました
甘麹・・・薄めて飲めば甘酒です(ほほほ)
固めに「おかゆ」を炊いて、そこに米麹を投入
40~50℃で、10時間程度寝かせれば「甘麹」が出来上がります

150415_02.jpg

「甘麹」、米と水分と麹菌だけなのに、甘い!
ほのかな甘み・・・どころではなく甘い!のです
米の糖質を引き出した甘みです
近頃「糖質Off」で、槍玉に挙げられる「ご飯」
やはり、甘いのです

150415_03.jpg

しかし、この「甘み」
いやみが無くやさしい、幸せな甘さ
このチーズケーキの甘みは「甘麹」のみ
「米」の糖質とチーズと生クリームだけで成り立っています

150415_04.jpg

やさしい味がします
クリームチーズがどっさり入っているのに重さも無く、
口の中で何もかもが仲良しになっている感触

パク・パク・パク・パク

150415_05.jpg

パク・パク・パク・パク
あ、なくなっちゃったー
ごちそーさま

150415_06.jpg




ソーイングギャラリー「 Fu-ra Box 」さんにおじゃましました

11月6日に奈良きたまちに移転・オープンされた
   ソーイングギャラリー Fu-ra Box 
            Blog 、 フェイスブック
さんにお邪魔してきました

141109_21.jpg



佐保川近くの静かな通りにございます
わかりにくいかもしれないですが、このわかりにくさが、いい味を出してます
お邪魔した日はきたまちweekでリノベーション展も同時開催です
     はい、そうなの
     きたまち縁日をフケテ行ってきました


141109_22.jpg

cafe玉手箱で装着していますエプロンは、
Fu-raさんのエプロンなのです
楽でおしゃれで、お気に入りです
今回も、Getしました!  cafe玉でエプロン画像を撮影してくてはっ!
エプロンのほかに、上の画像左のピンクのスカーフ
ピンクもほしかったけどお色違いでグレーにしました(年取るのって辛い)
これね、いい感じで・しかも・暖かくって、この冬はこのスカーフと共に
過ごそうと決めました
巻き方(って言っていい?)も教えていただきました
ありがとうございました

皆さまも、ぜひのぞきに行ってください
素敵な出会いがありますよ

141109_23.jpg

京都をブラブラ

先日、所用で京都市内に出かけました
  (先日・・・といっても先月のことなのでした)


目的は「宝鏡寺」というお寺です

140210_02.jpg

140210_01.jpg
  ここは、通称「人形寺」
  お人形を納めて、
  供養をお願いしてきました

  (はっきり言って)
  ごみの日に出すには
  忍びないお人形さん達
  このお寺に納めにいきます



3月は雛人形展、秋は供養際があり、にぎやかですが、
普段はひっそりとしています
社務所に声をかけると、随時、供養を受け付けてくださいます

うーーーん、無断で人形を置き去りにして帰る不届き者もいるとか
お寺では、お困りの様子ですので、ちゃんと供養の申し出をしましょうね

140210_04.jpg

140210_03.jpg


帰り道、行ってみたかったパンケーキ屋さんに行きましたよ
「松之助」がやってるパンケーキ屋さん
平日なのに、周りは住宅街で静かなのに・・・
お店の中は、ほぼ満席~

140210_16.jpg

140210_05.jpg

自家製というだけあって、メイプルシロップが
甘ったるい味ではなく、すっきり、軽く苦味もあってうまかったです
パンケーキも、モチモチしていて、軽いお昼にはぴったりですぞ

140210_06.jpg


その後、地下鉄駅目指して、ぷらぷら歩きました

140210_07.jpg
  住宅街のちょっとした
  路地の奥に
  紅茶屋さん

  ふーーん
  お茶した直後でなかったら
  入ってみたかったなぁ



140210_08.jpg


140210_09.jpg

  「ご自由にお入りください」
  って書いてあったから
  入ってみた・・・

  「糸屋」の町屋を改造して
  手書き友禅の工房ちっくに
  なさってました

  ご主人は製作なう
  無造作に拡げられた着物
  ええんか?


140210_10.jpg

140210_12.jpg

2階は作家さんの作品が展示なう
  ご自由に・・・と言われて2階まで上がりました
  いいよね?
なんか、いいなぁ~

140210_11.jpg

140210_13.jpg

  通りすがりの町屋の
  玄関飾り

  「笑門来福」
  この文句、好き




これまた、通りすがりの神社は「まりの神様」
ふーーーん

140210_14.jpg

で、この路地の奥、どーぞ入ってきなよ~
的な、うまい立て看板
うまいわーーー

でも、入らなかった
何があるんでしょ・・・
次回は、行ってみようかな・・・
140210_15.jpg